PROFILE プロフィール

いとや

いとや
広島で60年余りの歴史をもった老舗ユニフォーム専門店。
1,000アイテム以上の品揃えと、圧倒的な提案力で、貴社のイメージアップをお手伝いします。

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2013/09/13

介護の制服 3

さて、激動の時代のうねりと共に変化してきた介護の制服・・・
以前と比べ「暗い色」のイメージである「紺色系」のユニフォームが今では
意外に主流となってきた今日、何故そう変化してきたのか・・・
担当者はこうおっしゃいました。
 
 『 うちでも、スタイリッシュさ、デザインを優先して選んでいます。
   次に動きやすさ。
  何故スタイリッシュさを優先しているのかと言えば、イメージを変えるため
    です。
  いまだに介護士という職業は、《 汚い ・ つらい ・ 給料が安い 》 という
    イメージが強いです。
  事実の部分もありますが(笑)、制服によって現場にいる介護士の印象を
    変えるため、強いては全体のイメージを変えるためです 』
 
確かに、介護士のお仕事・・・生半可では務まらないとよく耳にします。
もちろん看護士のお仕事も同様ですが・・・
介護士は看護士に比べても、未だに処遇面で十分とはいえない部分も多く、
『この高齢化社会の中で、これからより人手が必要となる職種にも関わらず、
 需要に供給が追い付いていないのが現状です』ともおっしゃっていました。
また、離職率も高く、少しでも良い職場環境を求めて色々な施設を渡り歩く方も少なくないようです。
 
ただ、やはり需要が増えている職種であり、必要とされている仕事という誇り、使命感を持って働かれている方も多くいらっしゃいます。
そんな中、「制服」をイメージアップに繋げるものとして考えて下さる・・・
制服に携わる者として、本当に幸せなことです。
 
需要が増えている職種である介護  ・・・  実際のところ、介護のイメージ自体も少しずつ
ではありますが、確実に変化しつつあります。
 
介護もサービス業化していく中、「 制服 」 に出来る事はまだまだあるはず。
介護の現場における制服の現状を、次回はもっと詳しくお話をお伺いしていきましょう。
 
 
 
今回は「介護」について、最後に一句...
― 思いやる 心に袖を 通すこと ―
 
それでは次回、
「咲き誇れ!これが介護の現場だ!」でお会いしましょう・・・
 

事務服ならココで決まり 事務服@いとや WEB SHOP
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村