PROFILE プロフィール

いとや

いとや
広島で60年余りの歴史をもった老舗ユニフォーム専門店。
1,000アイテム以上の品揃えと、圧倒的な提案力で、貴社のイメージアップをお手伝いします。

Calendar

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2014/12/22

生地柄の基本 ~ジャカードについて~

生地柄の基本も4回目です。
今回は、「ジャカード」について。

「ジャガード」だったり「ジャガート」だったり、
正しい読み方はプロでも悩むところだと思います(^-^;

発明者はジョセフ・マリー・ジャカール(Joseph Marie Jacquard)さん。
ジャカールですが、綴りがジャカードなので「ジャカード」となります。

さて、ジャカードとは。
ジャカード織機で織られた生地の事。そのままですね(^-^;
ジャカード織機では、「パンチカード」というものを使って経糸の動きを操作し、
生地に柄をを織り込みます。
ネクタイの織柄はジャカードで作られているものが多いです。

イメージとしてはこんな感じです。
糸で表現するので、あまり細かい模様は得意ではありません。
それでもだいぶ細かい柄まで出すことができます。
ジャカード

ネクタイの場合は、上の図のようにして、柄を上下に配置することで、
裁断効率を上げることができます。一方取りにすると、ロスが大きくなります。
ネクタイといえば、ドラえもんとかミッフィーとか、
キャラクターネクタイもジャカードのものが多いですよね。

似たようなものにドビー柄があります。
こちらは、ドビー織機で織られたものになります。
ジャカードに比べると複雑なが柄を作成することはできませんが、
特徴的な生地ができあがりますので、こちらはこちらで重宝されています。
「ドビーのシャツは色っぽ過ぎる」と言われたことがあります。
光沢感が出るため、かなりドレッシーになりますので、
状況によってはふさわしくない場合もありますのでお気を付けください。


ざっくり柄について説明をしてまいりましたが、
ほんとざっくりでしたね(^-^;

次回はストライプにもどり、さまざまなストライプを紹介したいと思います。


こうした情報が活きるだろうか・・・
【事務服@いとや】はこちら>>

事務服ならココで決まり 事務服@いとや WEB SHOP
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村