PROFILE プロフィール

いとや

いとや
広島で60年余りの歴史をもった老舗ユニフォーム専門店。
1,000アイテム以上の品揃えと、圧倒的な提案力で、貴社のイメージアップをお手伝いします。

Calendar

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018/05/09

衣替えとお色直しの違い

5月は大型連休があるので、あっという間に終わる印象です。
世間一般では5月からクールビズの期間に入りますが、
学校などでは5月の下旬くらいからの衣替えになる事と思います。

さて、冬の服装から夏の服装に着替えることを「衣替え」といいますが、
ウエディングドレスからカラードレスに着替えることは衣替えと言えるのでしょうか。
(何を言っているのだろうと思われるかと思いますが(^-^; )

「衣替え」とは、
「季節の推移応じて衣服を替えること」とあります。
「替える」という字は「あるものを除いて他のものをあてる」という意味。
「冬服」を片付けて「夏服」を置く、というのが衣替えという事になりますね。

とはいえ、「着替え」も同じ字を使う事を思うと、
やっぱり「衣替え」でもいいような気もします。。。

日本での披露宴では、白無垢もしくはウエディングドレスから色打掛もしくはカラードレスに着替えます。
これを「お色直し」と言います。
起源は諸説あるようで、
白から色物に着替えることで、婿家の色に染まるという説や、
神聖なものとして着用した白無垢を脱ぎ俗人に戻るためという説、
それぞれがそれぞれの家から送られた装束に着替え、その時は花嫁の着る衣装が生家からの別れの意味を持つなど。
時代背景によって意味合いも変わってきているようです。
結婚式などでは、そんな意味もあり、「お色直し」という言葉が使われます。
「お着替え」でも間違いではないのでしょうが。

もっとも、
「衣替え」という言葉を聞くと、
「服装のテイストをごっそり替える」といのが一般的な認識ですので、
「着替え」の意味で「衣替え」を使うことは無いと思います(^-^;

ちなみにですが、
海外の式では「お色直し」は無く、
ウエディングドレスで一日中過ごすようです。


ドレスに飽きたら
【事務服@いとや】で事務服はいかがでしょうか?>>




事務服ならココで決まり 事務服@いとや WEB SHOP
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村