PROFILE プロフィール

いとや

いとや
広島で60年余りの歴史をもった老舗ユニフォーム専門店。
1,000アイテム以上の品揃えと、圧倒的な提案力で、貴社のイメージアップをお手伝いします。

Calendar

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2018/05/09

衣替えとお色直しの違い

5月は大型連休があるので、あっという間に終わる印象です。
世間一般では5月からクールビズの期間に入りますが、
学校などでは5月の下旬くらいからの衣替えになる事と思います。

さて、冬の服装から夏の服装に着替えることを「衣替え」といいますが、
ウエディングドレスからカラードレスに着替えることは衣替えと言えるのでしょうか。
(何を言っているのだろうと思われるかと思いますが(^-^; )

「衣替え」とは、
「季節の推移応じて衣服を替えること」とあります。
「替える」という字は「あるものを除いて他のものをあてる」という意味。
「冬服」を片付けて「夏服」を置く、というのが衣替えという事になりますね。

とはいえ、「着替え」も同じ字を使う事を思うと、
やっぱり「衣替え」でもいいような気もします。。。

日本での披露宴では、白無垢もしくはウエディングドレスから色打掛もしくはカラードレスに着替えます。
これを「お色直し」と言います。
起源は諸説あるようで、
白から色物に着替えることで、婿家の色に染まるという説や、
神聖なものとして着用した白無垢を脱ぎ俗人に戻るためという説、
それぞれがそれぞれの家から送られた装束に着替え、その時は花嫁の着る衣装が生家からの別れの意味を持つなど。
時代背景によって意味合いも変わってきているようです。
結婚式などでは、そんな意味もあり、「お色直し」という言葉が使われます。
「お着替え」でも間違いではないのでしょうが。

もっとも、
「衣替え」という言葉を聞くと、
「服装のテイストをごっそり替える」といのが一般的な認識ですので、
「着替え」の意味で「衣替え」を使うことは無いと思います(^-^;

ちなみにですが、
海外の式では「お色直し」は無く、
ウエディングドレスで一日中過ごすようです。


ドレスに飽きたら
【事務服@いとや】で事務服はいかがでしょうか?>>




2018/05/02

広島にアウトレットモールがオープンしました!

日中の寒暖差が激しく、服装に悩む時期ですね。

当社とは特に関係はないのですが、
4月27日に「The OUTLETS HIROSHIMA」がオープンしました!

さて、「OUTLET」について。
「OUTLET」とは、「コンセント」や「出口」といった意味です。
工場で作られた製品で、店頭に出すことが出来ない、
ちょっとしたキズ、汚れ、不良のある商品を工場の片隅で販売したことが起源と言われています。
工場で作られたもののはけ口ということで、「Factory Outlet」と言います。

また、小売店に入荷をしたけれど、売り時を逃したり、新品として売れなくなったものを販売するのは、
小売店のはけ口ということで、「Retail Outlet」と言います。

こうしたちょっと難ありな商品を一手に集めてモールにしたものがアウトレットモールです。
学生服はトレンドなどに左右されないので、アウトレットもセールもあまり関係がありません(^-^;

何処にいても購入可能!!
【事務服@いとや】はこちら>>



2018/04/25

もうすぐゴールデンウイークです。

過ごしやすい日々が続いております。
4月22日には全国的に真夏日を記録しました。
寒の戻りで少し肌寒くなったようにも思いますが、
2018年の夏は例年より暑くなると予想されています。

そんな夏の暑い日にオススメなのが、、、

「空調作業服」
作業服のジャケットに換気扇がついており、
気化熱を放出することで快適に保つことが出来るスグレモノです。
こんなかんじ。

空調服

もともとはサンエスさんだけが販売をされていましたが、
今は各社似たような製品が出てきております。
当業界では「空調服®」と読んでいますが、
登録商標のはずなので、どうなるやらー。


現場からの感想としては、
「とても快適」というものから、
「熱風を取り込むから効果ない」というものまで様々です(^-^;
気になる方はぜひお問合せくださいませ!!

その他にも熱中症対策アイテムも取り揃えております!

お問い合わせはこちらまで!>>



2018/04/18

まつり縫いについて

過ごしやすい季節となりました。
花粉症を患っておられる方にはシンドイ時期かもしれません(^-^;

4月に入社された新入社員の方も、
先ずはピシッとしたスーツスタイルで出勤されているのではないでしょうか。

さて、
このスーツのパンツやスカートの裾上げといえば、
「まつり縫い」ですね。
「まつり縫い」には二種類あります。
まつり縫い
折り返した裾と縫い糸が斜めになっているものが「流しまつり」
縦になっているものを「縦まつり」と言います。
この「まつり縫い」ですが、
漢字だと「纏り縫い」と書きます。
「纏り」とは「結合」とか「まとまり」といった意味です。
「お祭り」ではありません(^-^;

ちなみに、
一般的にスーツなどのパンツの裾上げをするときには、
すくい縫い専用のミシンで「すくい縫い」をします。
すくい縫いは下糸がなく一本の糸で縫います。
家庭用のミシンには付いていない昨日なので、よほど裾上げが趣味な人以外は自宅にある事はないと思います。
非常に縫い糸が目立ちにくいのですが、
一度ほつれると完全に取れてしまうという欠点があります。
そうなると家庭ではまつり縫いをするしかありません(^-^;

すくい縫いの仕組みを調べてみましたが、
複雑すぎてよくわからない(^-^;


事務服のご用命は
【事務服@いとや】へ>>

2018/04/10

夏に向けて

当社では学校制服の取扱いもあるため、
4月9日ごろまでは非常にバタバタしておりました(^-^;
学生服業界は「意地でも入学式に間に合わせる!」というど根性で成り立っております。
鳴り響いた電話もあまりならなくなり、ようやくほっと一息。

さてさて、
これから夏服の需要が高まってきます!
オールシーズンも良いですが、
やはり夏は夏服、冬は冬服ですね!

夏場を快適に過ごすには素材選びも重要です。

<綿素材>
天然繊維である綿素材は糸の中に水を閉じ込めます。
適度な湿度を保つことが出来るという利点がある一方、
ひどく濡れてしまうと乾きにくい、

<ポリエステル素材>
毛細管現象を利用して水蒸気を外に逃がします。
濡れても乾きやすいという利点があります。
肌に触れるには綿よりも刺激が強いと言われます。

綿は天然のものなので、年間に採れる量が決まっています。
ポリエステルは化学加工品なので、
生産調整がしやすいため多く出回るようになります。

ともあれ、
夏も快適に過ごせるよう、
事務服のご用命は【事務服@いとや】までお願いいたします!

【事務服@いとや】はこちら>>



事務服ならココで決まり 事務服@いとや WEB SHOP
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村