PROFILE プロフィール

いとや

いとや
広島で60年余りの歴史をもった老舗ユニフォーム専門店。
1,000アイテム以上の品揃えと、圧倒的な提案力で、貴社のイメージアップをお手伝いします。

Calendar

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2017/07/31

2017 秋冬展示会 ~ ハネクトーンさん ~

7月もあと少しですね。
当社がずっと制服を納入している広陵高校さんが県大会で優勝し、
甲子園への切符を手にしました!
カープも強いですが、広陵高校も日本一を目指して頑張って欲しいです!!

さて、
前回に引き続き、CounterBizのハネクトーン早川さん。
今回はネクタイの生産工程について展示されていました。
マーキング
左のパネルは生産手順。
右側のパネルは型入れ(マーキング)について。
ネクタイの柄によって、型入れの仕方が変わるそうです。

ネクタイの構造について
ネクタイ
一番左が切りっぱなした裁断地。
つぎのものが芯地。
繋げる前の小剣と大剣。
ゴム仕様のネクタイやワンタッチタイが並んでいます。


リボン
こちらはリボンの展開図。
上羽と下羽、まとめと首紐に分かれているのが良く分かります。

社会人になると、リボンをつけることは少ないかと思いますが、
ネクタイをつける男性は非常に多いです。

当社でもオリジナルネクタイのご提案は可能です。
周年やちょっとした日々のアクセントにも最適です。
どうぞお問合せください!!
お問合せはこちらから>>




2017/07/18

2017 秋冬展示会 ~ Counter Biz さん ~

夏らしくなってきました。
まだ梅雨明け宣言を聞いてないですが、
そろそろ夏本番ですね。

今年は久しぶりに展示会へ。
まずは「Counterbiz」のハネクトーン早川さんの展示会へ訪問しました。

↓の画像は同じようなサテン地のスカーフが並んでいますが、
この中にポリエステルとナイロンとシルクがあります。
ネクタイ屋さん

いつもは本社屋で展示会をされていますが、
今回は外で会場を借りての展示会でした。
全体

オーソドックスなブラックとのベストスカートと
和を感じさせるボルドーのジャケットスカート。
メイン


定番で展開されている商品の生地変更。
ある程度数量が必要ですが、このような別注対応も可能です。
別注

ネクタイ生地でベストを作成したサンプルです。
ネクタイ生地

さらに、
今年の展示会は、ネクタイに関する展示が色々してありました。

詳細については次回!

オリジナルネクタイの作成もお任せください!
お問合せはこちら>>



2017/06/27

ようやくと梅雨らしくなってきました

涼しい涼しいと思いながらもやっぱり暑くなってきました。
梅雨と言いながら雨も少ないように思います。

さてさて、
広島県内の学校は6月から夏服になっています。
当社も5月いっぱいまではお渡しで走りまわっていましたが、
6月になるとようやく落ち着き、社内的な行事も増えてきます。

先日は取引先の方をお呼びしてのボウリング大会を開催しました。
と、いっても私は参加しておりませんが(^-^;

よく取引先をお呼びしてのゴルフコンペを開催されている話はよく聞きますが、
ゴルフをしない人でも楽しんで参加できるようにボウリング大会が企画されるようになりました。




しかし、結局運動が苦手なので、
ゴルフだろうがボウリングだろうが大したスコアが出せないのは変わりありません(^-^;;;


事務服のご用命は【事務服@いとや】で!
こちら>>

2017/06/01

【更新】クールビズ

クールビズコーナーを更新しました。
2014年から空白の二年間となっていました(^-^;

クールビズ2017はこちら>>

新商品は少しずつ追加しております。
コンテンツ系のページも随時更新しないといけませんね(^-^;

2017/05/18

入学式が終ったと思ったら、もう衣替え(^-^;

ゴールデンウィークも終わり、日に日に暑くなってきました。
今年のゴールデンウィークは天気にも恵まれたところが多く、
遠方に出かけられた方も多いのではないでしょうか?

さて、
一般的には5月からクールビズがスタートします。
しかし、5月はまだ寒いので「クール」という言葉にも違和感を感じるところですね。

本日は夏服と冬服の違いを少し御紹介します。

~大きなポイント~
1.冬素材に比べると夏素材は薄い
2.夏素材は通気性が良い
3.ジャケットは背抜き仕様になる


*冬素材と夏素材
冬は保温性を重視した素材に、夏が清涼感を感じる素材が中心となります。
記事が厚手の方が保温性が高くなります。
また、ウールが多いと保温性が高くなるため、ウール混率の高いものほど一般的には冬向きといえます。
モヘアのようなサマーウールもありますが、事務服ではあまり使われないかと思います。

*背抜き仕様
背中の裏地を少なくする仕様を「背抜き」と言います。
スーツは外国から来たものですが、この仕様は日本独自と言われています。

ジャケットの裏地
「裏地を付けることは一着着込むことに値する」という言葉があります。
保温のために重要なのは「デッドエアー」を作ることですから、
裏地を付けることで各段に保温性が上がります。

夏場にそんなものを着ることはできません(^-^;

日本では高温多湿のため、通気性が重要になるため、
このような仕様が登場したと考えられます。
オールシーズンの商品も背抜き仕様の商品が多くなっています。
ベストを着こんでのスリーピース仕様にされると寒い季節も対応が可能です。


事務服をオールシーズンで準備される企業様、
2シーズン、4シーズンで分けられている企業様もあるかと思います。
季節に合わせて素材や仕様を検討してみてはどうでしょうか?


事務服のことでお悩みがあれば、
お気軽にお問合せください
お問い合わせはこちら>>

事務服ならココで決まり 事務服@いとや WEB SHOP
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村